2014年2月7日金曜日

【正しい情報の見分けかた】



自分に正直になる、っていうのは
自分の中の怒りとかイライラとか正しさや不安を


これが私の本音よ!


って人に出すとかそうゆうことではなくて、


その怒りの奥にある、
さみしさだったり悲しさだったり本当の感情を
自分でただ分かってあげることだと思う^^


それが本当の"本音"だと思う。


それからそれをどう表現するのか、
どう人に出したり伝えたりすのかは、
その人のしっくりくるものを選べばいいと思う。


調和をとりながらやって行きたい人はそうすればいいし、


いや、怒りとしてだそう!と思う人はそうすればいいし、


丁寧に伝えたい人はその方がいい。


そこはその人の性格だったり好きなテイストがあるから。


でもとにかく、それも違和感のない
心地よいものにしたほうがとてもうまくいく。



怒ったほうがいいのよ!
と人から言われて怒ってみても、
自分の中に違和感があったらそれはやっぱり違うし、


本に書いていたからと、我慢して辛くなるなら、きちんと伝えた方がいいだろうし、



正解は誰かがもってたり、
何か一つだったりじゃなくて、


いつも自分が知ってる。
心地よさだったり、違和感がちゃんと教えてくれる。



100人いたらみんな違う。
もう外に答えはない。
専門家も著名人もいない。
参考書もhow to本もない。



正しい情報?
それが自分にとってベストなのか、
それは自分しか知らない。
そして隣の人とも違うかもしれない。



だから押し付けちゃだめだ。
尊重する。


自分がきちんと自分の心地よさを選んだとき、
希望で選んだとき、他の人にも
"あなたもそう選んでいいよ"という大きな許可になる。


押し付けちゃうときは、
本当は心地よさで選べてないんだ。
自分の軸で選んでないんだ。


自分の心地よさと他人の心地よさは違うかもしれない。
だからわかり合わなくていい。
その分思いやること。



情報に惑わされないで。
他人のせいにしないで。
外に正解を求めないで。



軸はいつでも自分の中に。
答えはいつも自分の中に。



私とあなたの選んだ選択が、希望でありますように。
合掌



mahoshono
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

        いいね!クリックで多くの人にこのブログと記事が届きます^^


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

このブログは転送、シェア自由です(^^)自由にシェアしてください。
そのときリンクを貼っていただけるとありがたいです(^^)

《Twitter 》
 《FBページ》
✳︎この生き方をする前のstory✳︎


0 件のコメント:

コメントを投稿