2016年4月23日土曜日

見方が世界を創っている


世界の見方を変えてみよう。 
 
  

ーネガティブな世界をポジティブにみるなんて無理だよ。
 
 

そんな声が聞こえてきそうだよね。
 
 

違うよ、見方が全てだから。
 
 

見方が “あなたの世界”なんだ。

 

 
見方って
 


“ 緑色 ”を見方を変えて“ 赤色 ”にみることじゃないんだよ。
 


“ 透明なもの ”をあなたが “赤色” と解釈することなんだ。
 


本当は全部透明だってことに気づかないといけない。
 


『ネガティブな出来事をポジティブに変換してみよう。』ではないんだ。
 


『なーんにも意味がないもの』をあなたが好きなように解釈
すればいいんだよ。


透明なものにあなたが好きな色を塗るんだ。
 
 

 
「キミのよく使う絵の具は何色かい?おっと、そんな寂しい
色ばかり塗っていたんだね。
奥にも黄色や緑色、もっと明るい色も入っているはずだよ
それを試してみよう。」
 
 

 
「キミはずっとお母さんと同じ色を塗っていたんだね。じゃ
あそろそろ自分で好きな色を塗ってみようか。多分とっても
気に入るはずだよ。」
 
 

 
「切ない色が飽きたら、情熱的な色を塗ってみたらどうだ
い?今塗りたい色を塗ればいいんだよ。」 
 
 

 
さあこの透明な世界に好きな色を塗ってみよう。
 

 
世界はあなたが創っているのだから。
 
 

世界はとってもカンタンなんだから^^
 
 

 
*シェア、翻訳は自由です。世界中に広げて下さい*

−−−−−あーす・じぷしーSNS−−−−−

2016年4月6日水曜日

「大人になっても、ワクワクして生きていいっていったらどうする?」

私は自分の一生をかけて実験をし続けています。



それは “ 世界を希望でひっくり返す実験 ”



小さい頃から、いつその世界がくるんだろうか。
いつ誰が始まったよ!と言ってくれるのか待っていました。



私は当たり前に希望で溢れた世界を知っていました。



そして、まぁちゃんとあと何人かの友だちとその世界で生きていました。





だけど、しかめっ面したそうじゃない、違う人もたくさんいたので、私とまぁちゃんの間でそういう人は「あっちの人」同じ世界の人は「こっちの人」とこっそりよんでいました。



そして、電気をカチッとつけるくらい簡単に「あっちの人」は「こっちの人」になること
も知っていました。



左から右をむけばいいだけなんです。



こころにタッチすることもとても効果がありました。



どんなにしかめっ面な人も、こころにタッチするとその瞬間、とっても近い友だちになります。



こんな簡単なことだから、私は少し疲れて忘れてしまった「あっちの人」が「こっち」を向けるような、そんな装置やシステムをつくろうと小さい頃から思っていました。




それは本当に本当に簡単なことだから。




私の知っているこっちの世界は、不思議がたくさんあります。


地球自体がもう不思議なものでした。


木も花も時間も、不思議だらけでした。



そして人がもっとみずみずしく、満ち足りて生きています。


もっと人との距離が近くて、初めて会った人もみんな阿吽の呼吸で繋がってる、


世界や地面や自然や空とも優しく繋がっている感覚です。




大人になって、私は会社に入りました。
会社のことになるとすっかり、その馴染みのある世界はなくなってしまいました。



“仕事”や“社会”になると、知っているやり方ではなくて、難しいやり方で取引先の人たちや大先輩たちとコミュニケーションをとらなければならないのでとても大変でした。


思った事や本当のことを言ってはダメなのです。


感じていることや思っていることではなくて、“誰かに良く”みられる振る舞いをしなければいけないのです。



私は頑張って、その振る舞いや、正解を習得しようと努力しました。


だけど何年やってみても、私にはその振る舞いや、正解が分かりませんでした。


とうとう、私は自分の生きていた世界や自分の感覚を忘れて、疲れ果ててしまいました。




そんな時、子どもの頃大好きだった星空の下でまぁちゃんに言われた言葉がわたしを本当の世界へ戻してくれました。





「大人になっても、ワクワクして生きていいっていったらどうする?」



電気をカチッとつけるくらい簡単に「あっち」から「こっち」に私を思い出させてくれたんです。


それはとっても簡単な装置でした。



私は会社を辞め、まぁちゃんと2人で人生をかけた壮大な実験をはじめることにしました。



「100%こころを大切に生きる」



そしてこの生き方は、本で探しても、インターネットで探しても、誰もこの生き方をしている人が見つからなかったのです。



「誰もやっていないなら、わたしたちが実験しよう。」



2013年9月19日、こうして私たちは恵比寿の6畳しかないボロアパートで「あーす・じぷしー」を結成しました。






まぁちゃんの目は希望で輝いていました。
そして私の目も、幸せに満ち溢れ希望に輝いていました。


すぐに私たちの実験は始まりました。


こどもの頃から知っている、こころが1番大切で、感じたことが真実である優しい柔らかい世界。



大人になってもそんな当り前の世界で生きれるはずだ。

大きくなったからって、その世界がなくなるのはおかしいじゃないか。



2人で革の表紙のノートに、あーすじぷしーという生き方を書き始めました。
これが私たちの変わらない大切なことです。



-あーす・じぷしーという生き方-

・ ワクワクを信じること。

・ 未来を不安でなく希望で見ること。

・ この一瞬をココロから楽しむこと。
・ “ 何 を す る ” で は な くど ん な “ 想 い ” で や る か 、コ コ ロ を 一 番 大 切 に す る こ と 。 
・ 場 所 、 国 籍 、 人 種 関 係 な く『 祈 り 』と『 ア ー ト 』で 生 き る 。





あれから2年半たった今、


“ ワクワクして生きる ”って言う人が増えたと思いませんか?
“ 前兆 ”という言葉を聞くようになりませんでしたか?


今では私の友人のほとんどが幸せに生きています。


自分の夢や生きたい人生を見つけた人もたくさんいます。


奇跡や魔法みたいな出来事もあたりまえになってきました。



そして、2年半たった今でも私もまあちゃんも、深い幸せの中で生きています。
遠いむかし、自分としたたくさんの約束も思い出しました。



ちいさい頃からずっと感じてたように、私たちの生はすごく立体的で、神秘的で感動的で、地球や宇宙はやっぱり不思議で溢れていることも思い出しました。



この私たちが、小さい頃から「知っている」生き方は、幼稚な成長のない生き方に戻ることではないのです。



本質的で智慧と愛のある生き方です。
それは、キリストがブッダが、ヨガナンダが、ネイティブアメリカンが…
大切なことを守り伝えて来た彼らと同じ香りがするような、心と視界が広がる生き方です。



「100%こころを大切にして生きる実験」の答えは迷いも無く「YES」です!



私とまぁちゃんの2人でのことが大きく一周した頃、同じ時期に私たちにはそれぞれ大切なパートナーができました。



今では、それぞれパートナーと生きながら、私は私の、まぁちゃんはまぁちゃんのそれぞれのしごとをしています。



もちろん、あーす・じぷしーも。
あーす・じぷしーは私たちの生き方だから。



私は、変わらず “ 世界が希望でひっくり返る実験 ”をしていきます。
あの頃と、変わらず私は歩み続けています。


自分の内に内に…そして、世界に世界に、私以外の人へ人へ…



これから「あっちの人」が「こっち」を向けるような、そんな装置もたくさん世界に投下していきます。楽しみにしていてください^^
私が世界にもらったギフトを惜しみなく使わせてください。


そして、パートナーのhirokiをとことん愛せるかの実験。
愛することは幸せになること。



これは全て幸せになり続ける実験^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


4/12 BOOK LIVE at Fukuoka
19:00-22:00(18:30開場) 福岡市民会館小ホール
http://booklivefukuoka.peatix.com

今回はシャーマニック空間。
「知らない」人生から「知っている」人生へ。
「知っている」人生のはじまりです。


こどもの頃生きていた世界はどこにいったのでしょう。
全てが許されて、繋がっていて、心が広くなる柔らかい世界。


おとなになったら、いつも自分の中に “大きな自分”と “小さな自分” がいる。

“知らない” 自分と “知らない” 自分がいる。


本当はみんな、全部知っているはずなのに。
自分は何者で、何をする為に生まれて来たのか、全部知っているはずなのに。


「知らない」人生から「知っている」人生へ変えるのは、とっても簡単。


あっちからこっちへ、スイッチをカチっと入れるだけ。


心にタッチするだけ、しまい込んだ幸せにタッチするだけ。

さあ、「知っている」人生のはじまりはじまり^^


【詳細・お申し込み】
http://booklivefukuoka.peatix.com

※お支払はクレジットカード払い/ATM/コンビニ払い/当日払いがあります。
コンビニ払いはお申し込みから3日以内の支払いとなり、3日がすぎると自動的にキャンセル扱いになるようです。コンビニ払いの場合お早めのお支払をお願い致します。


4/28 書店トークライブSTANDARD BOOK STORE 茶屋町
日時 2016年4月28日(木)19:00~20:30(予定) 開場18:45 
会場 スタンダードブックストア茶屋町  大阪市北区茶屋町8-26 NuChayamachi+2F
【詳細】
http://blog.livedoor.jp/standardbookstore_c/archives/9216644.html